ブックタイトル抜粋版 vol.10 有限会社 阿津坂商事

ページ
6/10

このページは 抜粋版 vol.10 有限会社 阿津坂商事 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抜粋版 vol.10 有限会社 阿津坂商事

有限会社 阿津坂商事が大川伝統の組子と家具を高く評価し、超豪華列車「ななつ星」の車内装飾に採用したこと。するとマスコミを通じ改めて大川の技術が紹介され、クオリティを重視する高感度な人たちからの関心が高まった。さらにそのニーズに応えるべく、大川の若い世代が次々にハイセンスで付加価値の高い家具を生み出し始め、現在に至るまでそんな良いムーブメントが続いている。杉材に秘められたパワーを知る 健康志向、自然志向を会社の方針に決めた阿津坂社長が、次に出会ったのが杉材に秘められた大きな力だった。この時も知り合いの業者に「面白いものがある」と紹介され、出会ったのが「木口スリット材」だった。これは京都大学の川井教授と民間会社が共同で研究・開発した杉の建築用板材で、特徴は杉板の一面に、木目と直角な溝が彫られていること。このような加工を施すことで、杉の繊維の中にある水分などを通す管(=仮道管)が露出する。さらにそこに空気が通ることで空気中の有害物質を吸収して浄化し、「セドロール」など身体の調子を整える効果のある成分を効率よく放出するのだ。 天然の杉には元々そうした健康効果が備わっており、この商品はそんな杉のパワーを最大限に生かすために研究を重ねた結果生まれたもの。実験によれば、杉木口スリット材を設置した部屋では、そうでない部屋と比べてシックハウス症候群の原因物質ホルムアルデヒド濃度が半減したという。さらに湿度を一定に保つ作用もあるので、インフルエンザウィルスやカビ、ダニの増殖を抑える効果も持つという優れものだ。国立大学が6