ブックタイトル抜粋版 vol.10 有限会社 阿津坂商事

ページ
5/10

このページは 抜粋版 vol.10 有限会社 阿津坂商事 の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

抜粋版 vol.10 有限会社 阿津坂商事

有限会社 阿津坂商事子どもが口に入れても無害なため、玩具などにも安心して使うことができる。ベースの亜麻仁油は有機・無農薬で栽培され、成分は微少原料まで100%表示されるという徹底ぶりだった。一方で問題は値段が高いこと。一般塗料の約3倍と高価なため、気軽には手が出しにくい。さらに下塗りの後、中塗り、拭き取り、乾燥、仕上げ塗りと工程が多く、施工にも手間がかかる商品だ。それでも阿津坂社長は可能性を信じていた。「この商品が必要な顧客は必ずいる。今すぐ主力にはならないかもしれないが、将来に向けてこの製品を育てていきたい」と考えた。 導入当初こそ値段に驚かれるだけで販売は振るわなかったが、やがてシックハウス症候群が知られるようになると問い合わせが入り始め、少しずつ売上が伸びていった。評判は徐々に広がり、高級家具の仕上げ塗装や、健康志向の方の一般住宅、子どもへの影響に気を遣う保育園の内装材などに使われるようになって、今では同社の売上の3割を占めるまでに成長している。 最近の大川では意欲とセンスのある若い家具職人さんがたくさん出てきています。彼らは総じて健康や環境への意識も高いので、『ぜひ使いたい』と指名で買いに来る方も多い。実はそんな人が増えているのには背景がある。 きっかけは平成25年、鉄道デザイナーの水戸岡鋭治氏杉木口スリット材を使った折りたたみ式の衝立。部屋に置いておくだけで脳を活性化し、免疫力を高めてくれる。5